top of page

社会活動への学生参加[1]―― AHI (アジア保健研修所) と
学ぶ会 / Students' Engagement in Social Activities [1]: Learning with AHI (Asian Health Institute)

2023年度活動1――SDHイベント実施

2023年度には、2022年度に引き続き、日進市提案型大学連携協働事業として「健康の社会的決定要因 (SDH: Social Determinants of Health)」をテーマとしたすごろくゲームを実施しました。2年つづけてイベントの実施をご支援くださった日進市企画政策課の皆様、大変、ありがとうございました。

日進市ホームページに掲載されたイベント実施の模様 (2023年度、2022年度):

https://www.city.nisshin.lg.jp/department/sougou/kikaku/4/9/15577.html

https://www.city.nisshin.lg.jp/department/sougou/jouhou/4/2021_1/13949.html

2023年度には、また、長久手高校にて、同じくSDHについて学ぶイベントを実施しました。このイベントには、同校看護コースの生徒の皆さんが参加くださり、自分たちが考える「健康」をイメージ化したコラージュを、新聞や雑誌の切り抜きから作成しました。イベントの実施をお認めくださった長久手高校の教員の皆様に、心から、お礼申し上げます。

2023年度活動2――「あじさいの会」活動参加、ささしまサポートセンター活動参加

2023年の10月から11月にかけ、精神障がい者の自立を支援する日進市の社会福祉法人「あじさいの会」の活動と、野宿者の方々の自立を支援するささしまサポートセンターの活動に参加しました。

「あじさいの会」の活動参加では、学生が、施設利用者の方々といっしょに作業しました。施設利用者の方々との交流を通して、それぞれの学生が、日常生活のなかのさまざまな環境的要因が精神障がいのきっかけとなること、人と人のつながりが回復のきっかけとなることを学びました。

活動に参加した日の終わりには、「あじさいの会」理事長の小林千津子さんと職員の磯村有美さんからお話も伺いました。学生を受け入れてくださり、また、貴重なお話をお聞かせくださり、大変、ありがとうございました。

ささしまサポートセンターの活動参加では、センターのボランティアの方々が、野宿者の方々を訪問する活動への同行や、元野宿者の方々がセンター事務所に集まり、ゲームなどで交流する「みちくさカフェ」への参加、若宮大通沿い高架下での生活困窮者の方々向けの健康・生活相談でのボランティア活動への参加を経験しました。

様々な活動への参加が、学生にとって、健康とはなにか、人びとの健康に対する社会の責務や役割とはなにかを考えさせられる機会になったのではないかと思います。参加をお認めくださったささしまサポートセンターの皆さまに、心から、お礼申し上げます。

SDHすごろく制作、社会的課題と向きあう共同学習の追求

2022年の夏から冬にかけて、「AHIと学ぶ会」のメンバーで、下の記事で紹介した「健康の社会的決定要因 (SDH: Social Determinants of Health)」をテーマとしたゲームを制作しました。昨年度のSDGsすごろくと同様、今回もゲームもすごろくというかたちをとることにしました。SDGsすごろくに引き続き、SDHすごろくも、日進市提案型大学連携協働事業として採択されました。

8月20日には、パイロット版(試作版)すごろくゲームを、日進市にぎわい交流館にて実施ました。にぎわい交流館スタッフの鈴木さん、名古屋NGOセンターや「あどぼの学校」で活動される滝さんがゲームに参加くださいました。おふたりと、ゲームを見守ってくださったAHIの林さんが、ゲームを通した参加者の気づきをどう「見える化」するか、世界各地の事例をどう紹介するかなどに関して、貴重なご意見をいただきました。(上の写真は、このときのゲーム実施の様子)

そうしたご意見をふまえ改良を重ねたすごろくゲームを、年が明けて1月28日に、今度は日進市民会館・和会議室にて実施します。どうぞ、ご期待ください!

 

すごろくゲームの改良と並行して、メンバー同士の学び合いの関係を追求しつつ、社会的課題と向きあうにはどうするとよいかを考える時間をもつようになりました。どういった学び合いがなされているかは、学生が発信をはじめたブログを、ぜひ、のぞいてみてください。

https://note.com/learning_ahi

【番外編1】

新学期が始まったばかりのシルバーウィークの週末、9月24日(土)、25日(日)に、イオンモール Nagoya Noritake Gardenと名古屋外国語大学グローバル共生社会研究所の協働イベント「目指せSDGs博士! 巨大スゴロククイズに挑戦!」が開催されました。2021年度に「AHIと学ぶ会」で実施したSDGsすごろくの派生バージョンです。詳しくは、名古屋外国語大学グローバル共生社会研究所のつぎの記事をご参照ください。 https://nufsrings.org/archives/685

1-2.JPG

【番外編2】

12月13日には、「AHIと学ぶ会」のメンバーで名古屋NGOセンターにお邪魔し、「あどぼの学校」で制作された「あどぼのスゴロク」に参加しました。「あどぼの学校」という名前の由来であるアドボカシー(advocacy)という語は、意味をわかりやすく説明しにくい語と感じますが、私は個人的には、行政機関から一般の人々まで、幅広い対象を巻き込み活動の関係者にしていくこと、というように理解しています。「あどぼのスゴロク」は、人がどのように社会的課題に気づくか、そして、その課題に取り組む人と人のつながりをどのようにつくっていくかを考えさせてくれる素晴らしい内容のゲームでした。滝さん、伊藤さん、近藤さん、鉄井さん、暖かくお迎えくださり、ありがとうございました!

「AHIと学ぶ会」2021年度フィナーレ、そして、2022年度のはじまり